芝居の黙示録

actmitsuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 11日

5年…

東日本大震災の被災者の方々にお悔やみとお見舞い申し上げます。
そして、亡くなられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。
また、1日も早く復旧することをお祈りし、被災された皆様が
平穏な日々を取り戻せるよう 祈ります。

あれから5年経った。

5年も経った。

5年しかたってない。

5年間。

あれから5年間、自分は生きていて、世の中も動いていて、

忙しく、やはり日々をなんとなく充実するように生きている。。

…のかな?

東北の方々にしたら、東京なんて比べものにならないぐらいの、被災だったので、

あくまで自分の居た東京の話ですが…

懐かしむ日じゃない事が分かってるのに、フッと5年前のあの日を思い出し、どこかでホッとする自分がいる。

いきなり死を間近に突き付けられ、人間が無力になり、怖くなって、不安になって、人が人だけを必要にした日。

交通機関が麻痺し仕事にもいけず、電気も満足に使えなくなり、
人が常に誤魔化して来た孤独を剥き出しにされ、
ただ大切な人の事を思い、大切な人と、なかったかも知れない明日を過ごす事だけに繋がりを求めた日。

あの時、一瞬だけど人が生きるのに必要な事は、お金を稼ぐ事ではなく、大切な人を思い誠実に日々を過ごす事だと感じた気がした。

ただの一瞬だったけど…

そして、結局俺は生きているから、明日があり、また明日と共にある喧騒と幻想の為に、世間に殉じるフリをして生きる事を選択した。

世間に殉じるフリ。。。

もちろん生きてゆく為には妥協が必要で…

でも、

明日があるという永遠の羅列の思考が「自己保身」を作り、「生きる事」と「社会への順応」がゴッタ煮になる。

「順応する」

怖い言葉。

最近よく考える事は、

神様がいるのならば、、、

スゴいことを、、、

エグいことをしたな〜と、

それはこの世に、「人」と「金」を落とした事。

逃れられない呪縛。

なんかまるで神に挑戦されてるような。

永遠に、解決しない課題。

もっと、金を産もう。莫大な金を…

もっと便利に、もっと楽な暮らしに…

原発問題も、震災後の復興の問題も、

人と金

人は、楽がしたくて生まれてきたのか?

と…


人に併せるも地獄

併せないも地獄

金を稼ぐも地獄

稼がぬも地獄

結局、同じ地獄。。。

もし、この世を「生き地獄」と例えるなら、

この二つから「一別」してもいいかな〜と、

なぜなら、「生きる事」と「社会への順応」は真逆の事なんじゃないかと…

芸術を志すならば、その生き方を選ぶべきではと…

なんて、、、

出来る勇気もないのに、大袈裟な心の揺れに毎度疲れますが、

そう考えたりします。

まぁ、結局「生きる事」を曖昧に選択してゆくんだろう、、、


「芸術は理解を拒否していればいるほど、力なのだ。」


「普通、世の中を妥協するといい、生きていく以上当然な屈折と考えているのは、ほとんどが実は社会への適応ではなくて、そうゆう名目において自分自身に妥協してしまっているのだ。」

岡本太郎(原色の呪文より)

まぁすべては↑この人のセイだ。

死んだら真っ先に天国で探す人、No.1です。

そんな感じで、今日は、今日の夜だけは、キャンドルだけで過ごします。

では、
b0164672_1210227.jpg

b0164672_12105985.jpg

b0164672_1212612.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2016-03-11 14:46 | Comments(8)