芝居の黙示録

actmitsuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 30日

オーファンズ ~孤児たち~


どうも。

この雨の多さと寒さ、、、九分九厘氷河期に入ったと確信してる光夫です。

4月23日(金曜)から芝居が始まります。

内容は、

アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア、北カマック通り6040番地。


そこが彼らの居る所。誰も知らない、閉ざされた世界に暮らす兄弟、トリートとフィリップ。そこに監禁されたハロルド。彼は、温もりを知らない悲しい兄弟に、富と理性と教養を与えることで、孤独の中から二人を救いだしていく。



やがて、フィラデルフィアを夜が包んで、カマック通りに街灯が灯る頃、閉ざされた世界の扉がゆっくり開く。大きな孤独と小さな温もりを分かち合う三人の孤児たち(オーファンズ)の物語。

こんな感じ。

今回の役はズバリ、孤独と狂気、、、

昔の自分、、、

懐かしくもあり、思い出したくない、、、

苦しいです。

でも、ありだなこの芝居。

ちなみに今回のアーティストは演出家。

自分の師匠です。

スゲー人です。

そんな感じで、

是非見に来てください。

チケットはここ見てください→   チケット案内!!




Artist Company響人第三回公演


         ザムザ阿佐ヶ谷提携公演


   『オーファンズ~孤児たち~』




【作】   ライル・ケスラー   翻訳:吉田美枝


【演出】 小川絵梨子 


【出演】 広瀬彰勇 吉原光夫 高橋卓爾


【会場】 ザムザ阿佐ヶ谷(JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩2分ラピュタビル 地下1F)


【料金】 前売り3800円 当日4300円(全席自由)


【日程】 2010年     

        4月23日(金) 14:00/19:00

          24日(土) 13:00/18:00

          25日(日) 13:00/17:30

          26日(月)   18:30


計7回公演  ※開場は開演の30分前になります
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-03-30 12:04 | Comments(3)
2010年 03月 29日

卒業、、、


どうも。

また、教えてる生徒が卒業して少し寂しい光夫です。

今年で3回目の生徒を送り出し思うこと、、、

「何も知らない」ことの強さと脆さ。

何かをムショウに好きと思い、それに没頭する。

何も知らないからバンバン吸収する。

何も知らないから、飛び込める。

でも、何も知らない人間が集まってると世界はそこに限られる。

情報やルール、可能性はそこの常識に限られる。

何も知らないことは時に人間を弱くし、好きなモノから離れさせる力を秘めてる。

でも、世界は広い~

自分の可能性も広い~

俺は、見たいと思う。

まぁ外国は言葉わかんねぇ~し正直怖いけど、、、

知ることで訪れる「恐怖」を超えて、

「可能性」へ、、、

「恐るるな!撃て!」by チェゲバラ

今回も若きアーティストに純な人間力を貰いました。

サンキュ、

b0164672_12392431.jpg















丸、ヒロ、松岡、春奈、サホ、ユイ、北条、松堂、タンゴ、土井、サリ、森、ヤスナ、ミレナ、冠、モモア、江田、小林、ユイナ、ナカセコ、村山、
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-03-29 12:44 | Comments(1)
2010年 03月 02日

死に方用意、、、


夜分遅くに久々の更新、、、

どうも、光夫です。

最近色々始め、心も体もバタつき気味でした。

皆さんはもうすぐ終りそうなこの寒い冬どうお過ごしでしたか?

変化なしですいませんですが、自分は相変わらず芝居創りに奮闘しています。

今年に入り周りの人間に変化が、、、

というか今まで気づかなかっただけなのかもですが、

自分の人生に正面からぶつかって行こうとしてる人がチラホラ、

見ていて苦しそうではあるが、何かスゲー頼もしくもある。

知ってます?

今年は世界中すべての人に良い変化が訪れる年らしいっす。

聞いた話しなんで根拠とかは分からないんですが、、、

↑まぁなんともポジティブな標語。

でも「ポジティブ」に思考する事は良い事だと思う。

自分は昔ネガティブな思考の人間だった。

ポジティブに考える人を心のどっかで疑い、本性を暴こうとしてた。

なにがきっかけか、、、

ここ数年で心地よいポジティブな人間に出逢ってきた。

いや、

昔もそんな人に会ってたのかもしれないが、自分のチャンネルも違かったのだろう。

とにかく最近で自分の良い感覚と、良い影響を与えてくれる人間がリンクしてきた。

まぁ、死ぬほどネガティブ惑星に行ってたんでそろそろこんな環境もいいでしょう。

一つ注意なんですが、

今でもネガティブになる一面はあるんですよ。

むしろ前より増えたかも、、、

でもそこに入り込み過ぎなくなった。

出口が増えて、すぐ脱出できる感じ、

最近はちょっとだけコツを掴んだ人間になれたかな。

俺から教えられるのもしゃくだとは思いますが、コツは、


自分を認めること。

人はみんな完璧になれないから人なのに、なのに完璧を求めようとして疲れる。落ちる。etc、、、

性格が悪い自分も、だらしない自分も、怒りっぽい自分も、わがままな自分も、老いた自分も、自分。

きっとこれからもそんな自分と手を繋いで生きていくんだろう。

だから無理せず、そんな自分を隠そうとせず、良い人間を演じようとせず認めちゃえばいい、、、

まずダラ~ンとままな人間で生きてみる。

そして生きていく上で、大切なコトや人に出会いその駄目な所が障害になったら気をつけて治していけば良い。

きっと人間はそんな時には、苦にもならず治せる力を持ってるはず。(願い)


考えすぎたり心配しすぎる時間を減らす。

妄想星への年間パスポートを持ってる自分としては、この時間も大切なのだが、、、

でも思うのは、考えたり心配する事が何か解決になるのか?ってこと。

もちろん思考することはよい事。

でもその後行動することが絶対条件!

だったら、思考ちょっとにして行動、行動、

何か解決したくて行動したんだから、失敗も解決になる。

失敗しても、考えただけの悶々さより爽快感がある。


すべての可能性にオープンでいる。すべての当たり前の事を新鮮に感じる。

プラスの可能性の数は自分次第、

嫌な仕事仲間も、嫌な仕事も、メンドクサイ親も、ソリの合わない恋人も、友達も、

その人が悪いのかも知れない。でも、そう決めてしまうと答えは一つ、、、

嫌いになって自分のストレスとなる。

だったら自分の可能性に聞いてみる。

嫌な仕事を自分いとってプラスに変えられる可能性、

メンドクサイ親が何故メンドクサイのか?の理由追求、

恋人や友人とソリが合わなくなったのは相手のせい?自分へのせい?

自分にとって嫌な機会を、自分が変われる機会、学べる機会に変える。

まぁ実際自分は、ほとんどブチ切れてましたけど、、、

そしてこうやってパソコン打てる自分、喋れる自分、意思がある自分、芝居できる自分、

ベタですが感謝っすよね~

もっと言えば、悩めたり、苦しんだり、泣いたり、落ち込んだり出来る事ってどうゆう事なんでしょう?

これがなかったら、人生とはどんな感じのモノになったんでしょう?

人は生きてるんでなく、生かされてるんだと思う。

もちろん、大地とか地球とかもそうだが、何より周りの人間によって、、、

自分の力だけで生きてる人間を見たことがない。日本では、、、

もしかしたら、意思をもってこの世に存在している事だけでそれは、すごい事なのかもしれない。

「人は死ぬ時は選べないが、死をどう迎えるかは選べる。」

「何も持たずに生まれ、何も持たずに死んで逝くのが人の生。」

わかんないっすけど、

何かまたぶっ飛んできたのでやめますが、

こんな長いブログにお付き合いくださりありがとうございます。

色々周りのお節介な人にブログのアドバイスを頂きましたが、これが俺の書き方なんで、、、

何か発信しないと意味がないと思ってますんで、

これで活かして頂きま~す。

偉そうで説教クサク感じさせたらすいません。

でもそんな感じです、

では。

夕日、 アクアラインにて
b0164672_4352638.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-03-02 04:48 | Comments(8)