芝居の黙示録

actmitsuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 23日

reception,,,


どうも。

フレッシュネスで外人に喧嘩売られた光夫です。

着てる革ジャンがかっこ良くて見てただけなのに、、、

外人も喧嘩売るんですね~


「受け入れる」、、、


友人が書いたブログを見て思ったこと、、、

自分を受け入れる、、、

自分はある日、自分が感情的な人間だと「受け止めた」、、、

そうした事で自分のいつもノッキング起こす部分、、、いわゆる自分のデメリットが見え、

自分を「受け入れる」事で、認める事で、注意深く自分を見つめ、多くの人とまた繋がれた。


自分はある日、自分が弱い人間だと「受け止めた」、、、

その日から変にかっこつけたり、見栄を張ることにさよならして、

自分を「受け入れ」弱さも含めての自分を理解し、人に気持ちを委ねられるようになった。


自分を疑い、強制させるのが当たり前な時代、

自分を受け入れることは難しいとされてるような気がする。

世間体を気にして、地位、名声が、「結果」がモノを言う時代、

過程にいる自分を認めることは、甘えることに属してる気する。


最近世間でいう「自分に甘い」僕が思う事は、

自分を受け入れる事で自分が見えてきて、シンプルに成長する道が見える。

そして周りの人間が見える。

自分の陰や、弱い所を理解すれば人の気持ちが分かる。

相手を「受け入れる」事ができる。

許すこともできる。

ともかく「受け入れる」ということは、無条件で絶対的に人間クサイ

「ヤサシサ」

最近煙たがられてる、

「優しさ」

への入り口な気がする。

です。

では。
そんな事を考えてたカフェ
b0164672_3175767.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-01-23 03:22 | Comments(5)
2010年 01月 15日

a process,,,


どうも。

低反発布団を購入して、睡眠の素晴しさを知った光夫です。

正月がだいぶ前の事に感じる最近、皆さんも忙しく過してることでしょう。

自分は年明けしばらくしてからすぐ、また芝居創りに励んでいます。

そんな中、友人の自転車選びを任され自転車屋へ、、、


そこは、都内某所にある小さな昔ながらの自転車屋。

店内には、ところ狭しと様々なパーツが置いてある。というか吊るしてある。

そこに居るおじさんは、雑誌にも取り上げられる自転車博士。

狭い店内に仲間が訪れなにやら自転車談義に華を咲かせてる。

、、、と、ここまで見ると優しい暖かいお話しに感じると思いますが、

怒りのブログです。

というか、自分も芝居が好きで仕事にしてるので、反面教師にしよう!と思ったお話です。

まず雑誌には、

「初心者に優しい自転車屋」

と書いてあって、取材のお姉さんにも笑顔で丁寧に答えてる様子、、、

が、、、

無愛想だし、丁寧じゃね~し!

まぁ取材のお姉さん確かに可愛かったけど、、、

いや、良いんですよ~無愛想でも大好きな自転車について熱く話してくれたり、親身になってくれなくても、ちゃんとお客として自分に対応してくれれば、

ところがこのオヤジ、すぐ、

「ハイ、無理」

俺も大人「無理」まではいいけど、「ハイ」が付くのが許せねぇ~

そして何か説明し始めたと思ったら、専門用語ばっかだし!初心者に優しいんじゃねぇ~のかよ。

しかも俺が何か質問すると、周りの愉快な自転車仲間たちがボソっと、

「いや~それはないよ~」

と、否定ガヤ!

オメェらに聞いてないし!てゆうか大体お前らが座ってるせいで店内全然見れねぇ~し!

と、心の中ではマグマがぐつぐつ、、、

それでも友人のため質問し続けると、

「うちは他の店と違ってただ売るんじゃなくて、こだわってジスカッションしながら作るから~」

ジスカッション~!!!

「ディスカッションですけど~ ディ!ディ!」

しかも、オッサンのはディスカッションじゃなくて、お前のこだわりの押し付けだろ~が!

マグマが顔に出始めてきたので、店をあとにしましたが、これも勉強ですね~

たぶんこのおじさんは自転車大好きなんでしょう。それは分かる、、、

そして店を構えた。

それからが大事だろうな~

自分が初めて自転車に乗った時、どんな感覚で、どんな風に購入したんだろう。

最初から物知りじゃなかったわけだし、、、

色んな人に教えてもらったりしたんだろう、、、

自分の趣味の場ならそれでいい、でも、店構えて、ネットにのっけて、雑誌の取材も受けてる。

人からお金を貰おうとしてる。

何か疑問に思う。

そして、周りに自転車仲間が集まってる。

誰かが良いな~と思って購入を考えるということは、自分の好きなモノに共感してくれる人、つまりまた仲間が増えるということだ。

物知りで、熟練者で、エンジニアで、お店をやってて、何より自転車への情熱は誰にも負けないはずの人が、これなのか?


「物知りだと思っていることが人間の感情世界を小さくしてしまう。」

ホントそうだ。

自分は芝居好き。しかも最近知識も増えた。店とは言えないがカンパニーを持った。

さぁ!これからどうする。

これからどうやろう。

結果ではなく「過程」にこだわりを、、、

外見ではなく中身に、、、

量より質に、、、

映画の「おくり人」もそうですもんね~

世間に胸張れる職業名より、世間に胸張れる仕事への姿勢ですよね。


まぁその店にしか組めない自転車かもなので、また行って戦わなきゃいけないんだが、、、

こうなったら意地だ!仲良くなってやる!

それにしても、自転車乗りとは「無理」を「可能」にする人であってほしい。

坂道だって無理と思った瞬間車輪は止まる。

ロングライドだって無理と思った瞬間旅は終わる。

コガなきゃ進まねぇ~んだよ!!!!!

人生と同じなんだよ!!!!!

、、、、、、、

と、帰り道を自転車で走りながら心に浮かんだ、あまりのクササムいセリフに笑いながらペダルを踏む光夫でした。

では。

外見も量も質も絶品なドラ焼~
b0164672_2259145.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-01-15 23:20 | Comments(2)
2010年 01月 02日

A happy new year!!,,,


明けまして おめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。

どうも。

新年から本気の光夫です。

皆さんは元旦からどうお過ごしですか?

家族で御節、旅行、初詣、

過し方は人それぞれ、その年の環境によっても様々ですよね~

通年自分は実家に帰って、ここぞとばかりに酒のんで、布団ひきっぱなしの、テレビ三昧、、、

「動かねぇ~」

って感じの正月でした。

が今回の正月はチト違う。

大晦日、早々と風呂に入り、布団ひき、10時には消灯、、、

人生で初めて新年を睡眠の中で過しました。

起きたのは、朝の4時半、、、

五時半スギには家を出て、まずは初日の出スポットへ、、、

気温は0度近い。

手足の感覚はなくなり、思わず引き返したくなる環境、、、

その苦労への御褒美のように、着いたらすぐに東からご来光が、、、

まさに「新年!」という感じ。

素晴しいの一言!
b0164672_18233971.jpg















この後に人生初めてのビッグイベントがあり、早々に日の出スポットを後にする。


実は!

元旦早々、走ってきました!


らしくない事はわかってますが、、、

早朝から「元旦ロードレース大会」に参加。

まぁロードレースと言っても、10キロですが、、、

正月ダラダラする、そしてマラソン嫌いな自分には斬新な企画!

慣れない自分は会場に早く着きすぎ、ウロチョロしてると、

「荷物はこの辺に置いて、盗難があるから貴重品はロッカーに、、、」

なにやら毎年走ってるおじさんおばさんが、ゴザひいて場所取りしてる。

イベントというよりも、毎年の儀式の様な感じ、

淡々としてる。

自分のチャラさに反省しつつ、スイッチ切り替え着替えてウォーミングアップ、

なんかイメージしてたよりも1人で参加してる人が多く、皆さんモクモクとストレッチしたり走りこんだり、、、

元旦に走るということを、誠実に深深と受け止め高めてるという感じ。

自分もなんか真面目にになってしまい、入念にストレッチ、、、

ジョギングまでして、、、

ホントは温存して本番に使い切る!と思ってたのに、、、

相変わらず影響されやすい。

何だかんだでスタートになってしまい、スタート地点に行くと、

ちょっと緊張、、、

スタートの銃声と共に言われた通り、自分のペースを周りに崩されないように走りだす。

最初の5キロは、どんなに余裕でもゆっくり、、、

後半5キロは攻めよう!

そう決めていました。

緑と土の匂いを嗅ぎながら、雲ひとつない空を目標に地面を蹴る。

冷たい空気と逆らうように体温は上昇し、額に汗、、、

呼吸も弾み、不安でいっぱいだった心が解き放たれる。

気持ちいい!

久しく走るという事をしてなかった自分には新鮮すぎでした。

夫婦で仲良く話しながら走る人、1人タイムと戦いながら走る人、体調崩して歩いてる人、、、

色んな始めましての人と走っていると何か面白い!

みんな新年への色んな思いを胸に走る、、走りきるという事に希望を持ってる。

人間クサいな~と思いました。

後半、自分は何とか歩く事もなく、ひたすらぬかれて悔しいと思う人をぬき返す事に必死になり、

まぁ何とかトラブルもなく走り終え、受付に行くと賞状が!?

嬉しかった~

最近賞状なんて貰ってなかったし、

大したタイムでもないのに、、、

サンキュウです。

写真も撮ってもらい大満足です。

その後公園でにぎり飯を食らい、家に帰って爆睡しました。

軽い気持ちで出ようと決めた元旦マラソン、

出てみるとそこには、また新しい世界が、、、

まだ人間クサイ世界が、、、

企画教えてくれた人に感謝、、、

走れる体に感謝、、、

正月の過し方に疑問が残る方は是非!!

走れる、走れないは問題じゃありません。

そこに行くという過程が良い、、、

偉そうっすね~

ってゆうか元旦早々自慢話です。

でも、そんな感じです。

では、
b0164672_18242611.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2010-01-02 12:57 | Comments(9)