芝居の黙示録

actmitsuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

Forgive,,,


どうも。なんか早起きな光夫です。

新掲載、「今川焼とチャリ少年と私」に沢山のコメントありがとうございます。

皆さんは、器大きく暖かく自分を見てくれてますが、友からは、前蹴りするアタリが昔と変わらず青い、、、との言葉。

まぁ、がんばって真の大人になります。

許し、、、

「人が人を許すという事は、難しい事じゃない。許すという事は自分の心の部屋を一つ開けること、、、」

ある映画の印象的な言葉です。

許すという事は、ハイリスクですよね~

昔はハイリスク、ノーリターンだ!ぐらいに思っていました。

目には目を、派だった。

人を許すという事は、それなりの覚悟と潔さが必要だと思う。

自分が許してきた事、、、、

ホントの意味で許せたのだろうか?

その事を考えると今でもイラッときたり、後悔したり、許せない自分とも手を繋いでる。

それって許す事ができてないって事?と思うが、それで良いと思う。

前にも書いた人間の暗い方の感情、これが邪魔してるだけ。考えてみればその時の出来事を思い出すということは、その時の感情を思い出すということ。自分が傷ついたのであれば苦い味がして当たり前。

許す、を選ぶ。

人は誰でも人生チョイスして生きてる。

辛い道、易しい道、受験する、しない、告白する、しない、殴る殴らない、意見を言う、言わない、相手を許す、許さない、、、、

どれをチョイスをしても、先なんてわからない。

きっと正解か不正解かということは、その時の自分、その先の自分に懸かってる。

答えは、自分の心の中に、、、

相手の心の中に、、、


人を許すという事は、許した自分を許してあげる事なのかも、、、


それが「自分の心の部屋を開ける、」事なのかも、、、

自分を許す。

自分を誉める。

自分認める。

最近してないっすね~

自分に優しく、、、人にやさしく、、、

難しいっす。

すいません。まとまってなくて、、、

でもそんな感じです。

では。
夜横浜、、、b0164672_6374817.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-29 06:40 | Comments(9)
2009年 04月 25日

OLDBOY,,,


どうも。大人になりたい光夫です。

先日すげーぇドラマチックというか、情けないというか、切ないというか、熱苦しい事が起きました。

なんせ狂乱の中での出来事なので、言葉などはそんな感じで伝えますが、憶えてる限り忠実に書くので、お付き合いを、、、、


自分でもびっくりなんですが、、、

男、30、吉原光夫、、、、、、、高校生にカラマレたんです。

いや~久々のカラまれ、なんだか懐かしい感じでした。

この日、柄でもなく稽古行く前にみんなに今川焼買って行こうと思いつき、路肩にバイクを止め買い物しました。

熱々をもって行きたいと思い、道を急ぐとフッと人数分買ったか?不安になり、中身を確認しながらバイクに向かい歩道を横切ると、、、、

「キィーーーーーーーーーーッツ!!!!!」

自転車の激しいブレーキ音がして、慌てて見ると、いわゆるヤンキー的な高校生が睨み効かせて自転車に跨ってました。

俺が今川焼見ながら歩いてたのが悪いと思い、

「スマン、」

と言うと、高校生は特攻の拓バリのメンチきって舌打ちし、

「スマンじゃねぇーよ!ボケ!」

と言い放ち、肘打ちを咬ましてきました。

俺は大人、、、、と言い聞かせ言葉の暴力はスルーできたものの、

肘打ちは、自分。NO!!だったらしいっす。

チャリから引きずり降ろしてました、、、、

だが、コヤツなかなかの暴れ者。

「なんじゃ~こら~!!!」

俺に猛然と向かってきました!


自分。間合いを取りたくなったのでしょう。


前蹴り入れてしまいました、、、、

大人げないっすよね~

高校生相手に、前蹴りですもん。

路肩の、背の低い木に潜り込んでる彼を見て、やっと我に返って行こうとすると、

「おい!てめぇ~。今蹴ったよな?」

光夫の心 「確かに、、、、」

高校生   「大人が未成年蹴って良いと思ってんのかよ!」

光夫の心 「あっ、俺30だった!?ダメかも、、!?」

高校生   「そこに警察あるんだけど、付き合えよ!」

光夫の心  「あっ!それもっとダメかも、、、」

高校生   「おっさん、仕事してないだろ~?なんもできなそうだもんな~嫌だね~こんな大人!なりたくねぇ~気持ちワリィ~」

俺は、この事言われた瞬間、こんな言葉が出た。

 
                 「どうした?お前?」

なんかキレるとかじゃなく、ただ不安になった。

俺の高校時代とは、何かが違うコイツのオーラ。なんか歪んでるというか、苦しそうだった、、、、

続け様に、

「なぁ。俺のお父さん弁護士なんだよね~あんたやばいよ。」

俺は完全に怒りを忘れてしまった。この言葉マジで言ったんですよ!脚色なしっすよ。俺は信じられなかった。切なかった、、、

「おい、どうした?ダイジョブか?」

ホントにこの言葉しか出てこなかった。

こうなると、完全に、コイツの人間に興味がシフト。

40分以上話した。

クサくても、嫌がられても、話しをしてみた。

聞けば、この高校生。エリート校に通うヤンキーらしい。

お父さんの事や、自分の学歴をひけらかすのは、普通の事。恥ずかしくも、ダサいとも思わないらしい。


俺は、、、、わけも分からずただ自分の話をした、ダサくても話した。

高校生も徐々に冷静に言葉を選びながら、話し続けてくれた。

彼は笑った。

そこには、やっと高校生が居た。

しっかり自分の非を認められる人間だった。

俺も前蹴り謝った。

殴らせたかったが、彼は拒んだ。

「男同士は拳で返すんだよ。」

その意見には彼は乗らなかった。

彼大人?俺、、、、子供、、、、

気持ちの良い奴になった。

親父や学歴の事チラつかせなくても、十分魅力のある1人の男がいた。

最後に彼が俺の肩を叩き、

「おじさんもがんばってください!」

何か俺、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、情けなねぇ!!!

もちろん、今川焼は全部ぐちゃぐちゃになり、、、

もちろん、その後遅刻した稽古場で広瀬代表に怒られたのは、言うまでもなく、、、

自分。今も青春、これからも青春、

彼にもずっと青春しててほしい。

クサいっすね~

でもそんな感じです。

では。

「青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。」
サミュエル・ウルマン(青春の詩より)
線路はつづくよどこまでも、、、
b0164672_265227.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-25 02:27 | Comments(14)
2009年 04月 21日

Hold out,,,


どうも。色んな意味で曖昧な光夫です。

またまた熱い、、いや熱すぎるコメントthank youです。

ある友から、「お前の文よりコメントの方が、大人な意見で感動するよ!」と言われました、、、

嬉しいやら、悲しいやら、、、、重ねて感謝を。


頑張り、、、

みんな頑張ってますよね~

四季に居て気付けない事でしたが、外に出て気付く事、、、

テメェだけが辛くて苦しくて頑張ってるわけじゃなく、みんな頑張ってる。

すげぇ~幼稚な考えだったが、感じた正直な気持ち、、、

世の中上には上がいる。

四季に居ると、結構閉鎖された中に居てしまうので、その中の友、その中の社会、その中のルールってな感じで外の社会結構見えなくなりがちなんですよ。忙しいですしね。

ある日、パッと外に出て気付く事、

あっ!みんなすげぇー!!

俺やべぇー!!なんもできねぇ~

サラリーマン、OL、派遣の人、フリーター、主婦、自営業、バイク便、宅急便、ホームレス、そして自分と同じく四季を辞めた人、

あの頃だって見えてたはずの人が、なんか色濃く見えるようになりました。

日雇いや、バイク便、夜仕事などもやって、壮絶な人生、真っ暗な過去、信じられない生き方の人に出会い、感じるパワーみたいなもの。

みんな、明日の生活、人生、夢、家族、プライドに向けてガムシャラに立ち向かってる。

またそんな中、俺みたいな青二才を受け入れてくれる器のデカさ。

まさに俺にとってRockin'rollerでした~

人は何をしたかではなく、どうゆうふうにしたかが大事な気がした。

もちろん舞台でも素晴しい生き方の人はいますが、俺が言いたいのは、

どの世界でも、どうゆう生き方をしてるかが大切だなーと。

言葉上手くないっすね~すいません。

まぁなんにしても、今を生きてる、必死に今を貫こうとしてる人、あなた方は眩しい、、、無条件で敬愛してます。

俺なんかに応援されてもウザイとは思いますが、今も自分の愛して止まない夢や希望、理想、プライドに向けて、ジャンプしてる、友へ、、、

「すべてのはみだし者よ あなたは正しい 今夜はしっかり抱き合おう 今夜は歌い続けよう あなたたちは輝いてる あのまぶしい星のように そうさ君たちはRockin'roller 両手を高く突き上げろ 空高く、、、、」
by Hedwig and the angry inch;(midnight radio)

そんな感じっす。

では。
b0164672_4202754.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-21 04:48 | Comments(8)
2009年 04月 17日

Slander,,,


どうも。稽古終えた光夫です。

自分のブログ及び響人ページに書き込みしてくれた方々、ありがとうございます。

これからは、あっちにもコメント書く事になるんっす。こんなにPCを使う事になるとは、、、、

両方気合入れて書きますんで、よろしくお願いします。

悪口、、、

悪口って言っちゃいますよね~

小さい頃、婆ちゃんに「人の悪口言うと唇が引っ付いちゃうよ!」と言われ、口を開け続けた記憶がある。

前にも書いた様に子供の頃イジメられてた自分は、悪口というツールを使いイジメを回避し、仲間に入れてもらい、強くなった気になり、アゲクノ果てには、気分良くさえなってた時期がある。

悪口、、、

なんで言うんでしょうね?

嫌いだから。、、、だったら相手にしなきゃいいのに、

恨み。、、、、恨んでるんだから、面と向かって文句言えばいいのに、

妬み。、、、、妬んでるって事は、自分で分かってる事なんだから、早く辞めればいいのに、


どれにしてもその人は、自分にとって良い意味でも、悪い意味でも何かある人なんでしょうね~

俺はいつの日か、なるべく面と向かって言うようにした。まぁ、、、正直タマに悪口言ってしまうが、、、婆ちゃんごめん、、

でも面と向かって言ったら言ったで、これまた疲れる事。

人がぶつかり合う事は疲れる事。

でも、人がぶつかり合う事は良い事だと思う。

本音で話せば、良い所が見えるはず。

その人の思っても見ない所が見えるはず。

極論、好きなのかも???

自論、自分と似てるのかも?

でもやっぱ嫌い、、、

まぁ人間生きてりゃ合わない人も居て当たり前。

そんな人も、自分の力にして活きたい。

そんな人からも、学べる自分へ、、

難しいっす。

今日はそんな感じです。

では。                             Artist Company 響人《ひびきびと》web page!!
「明日の神話」岡本太郎 @sibuya
b0164672_0171962.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-17 00:24 | Comments(10)
2009年 04月 13日

,,,web!!


どうも。夜中に興奮してる光夫です。

長い間、カンパニーで一番のパソコニスト高橋卓爾を中心に作ってきた、web pageの完成です!

思えば、パソコン嫌いの光夫、アナログ広瀬が居るカンパニーでホームページ的なモノは出来るとは、、、

卓爾の頑張りに感謝です。

web pageとは言ってもスゲーの作るほどお金もないので、手作りです。

自分のブログとは違い、細かい公演情報や、響人の動き、最新ニュースなどいち早く載せるので、要check!!

Artist Company 響人《ひびきびと》web page!!

↑も自分のブログも、皆さんのご意見、感想などが非常に大切だと思っています。

響人ページに関しては「響人ブログ」の方に、ドシドシコメントお願いします~

今日はそんな感じです。

では。

P.S 携帯で見ると今のところ見れないトピックスもあるので、、、P.Cで見てください。改善します。
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-13 03:50 | Comments(4)
2009年 04月 10日

a senior,,,


どうも。久々の稽古始めで緊張した光夫です。

昨日、響人7月公演「哀しみと息子たち」の稽古始めがありました。

こちらの作り方が悪かったのか、はじめはものすごい緊張感。でも始まったらいい感じ、、excitingな、血が通った、熱い稽古でした。報告まで、、

先日、劇団四季「ひかりごけ」を見に行きました。

日下武史、、、

ヤバイっす。

俺はこの人とサシで飲めるなら給料全部使ってもいい!

頭、、いや、心のなか解剖してみたいっす。

舞台上で何もしないんですよね~

これ実は、俳優にとってすげー難しい事です。

何も喋らなくても、客席に押し寄せる役の香り、、、

喋りだすと、嵐のように変わっていく舞台上の色、、、

「私は我慢してるんです、、、!」

この作品の中の、印象的なセリフです。

彼の人生の濃縮した重みを肌で感じ、鳥肌立ちました、、、、

人生の、今、現実、現状、生きるという事を受け入れる事は、我慢することなのかも、、

人は皆、人の生死を司り、人は人の弱く脆い志を喰っていく、、、、、

難しいっす。

今週の日曜までやってます。是非。

先輩、、、

最近劇団を辞めて前からの夢であるダンススタジオを開いた人。

脇坂真人、、、

この人もやばいっす。

かっちょいい、ダンサー兄貴です。

MTM DanceStudio
〒151-0072
渋谷区幡ヶ谷2-8-15 幡ヶ谷KビルB-1号室
TEL 09070128199
HP http://www.mtmdancestudio.jp

5月10日スタジオオープン!

オープン日は、どのクラスも受講無料です~

さあーみんなでレッツダンス!!

そんな感じです。

では。
my playbook,,,
b0164672_13593421.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-10 14:04 | Comments(6)
2009年 04月 07日

The team of HIBIKIBITO,,,


どうも。ペース落とした光夫です。

みなさん熱い、温かい、優しいコメントありがとうございます。

みなさんの言葉、力ありますね。スーっと入ってくるというか、元気でます!マジthank youです。

いつも熱苦しい話しですいません。今日は普通の話しを、、、

カンパニー立ち上げてプレ公演してから1ヶ月が経ち、もうすぐ本公演の稽古が始まるんですよ。

今はその準備をしています。バタバタしています。

そもそもArtist Company 響人《ひびきびと》は、、、

メンドクサイ奴多いんです。

全員全力少年です。

はっきりいって穏やかじゃない稽古の日もあります。

形上、広瀬彰勇という俳優が代表を引き受けてくれたのですが、誰が立ち上げて、誰がリーダーなんて決めなかったんです。

みんなで立ち上げて、みんなで創り、適材適所で動いてみんなで響き合う。そんなカンパニーでありたいと思っています。

今、その容に向かって響き合うというか、ぶつかり合ってる。。そんな感じです。

俺はそれで良いと思う、、、

絶対的なものを持ってる人、才能溢れる人が一人立ち、その人のカリスマの元、人が集まり創造する。

それも良い形だと思います。

でもすべてのチームではないですが、その人アリキになってしまう。

独裁性が強く、その人のカラーが強くなる。

集まったartist達のカラーの行方、、、

その人も人間で、行き詰まった時にどうなる?

ここ難しい所っす。

特に日本の演劇世界では1カンパニーに演出家1人が主流で、俳優は駒として扱われる事が多いんです。

演出家、プロデューサーが果てしなく偉く、有名な俳優以外は、やらせて貰う的な心情になってしまい、、、

                           
                            違うと思う。


総合芸術に集まった人間はみんなartistで、それぞれがrespectしあい、各セクションを構築し、みんなで意見交わしあいながら、創る。

誰でも彼でも、言いたいこと相手の気持ち考えずにバーバー言うってことじゃないっすよ。あくまでrespectと考え尽くされた言葉、、、これスゲー大事です。


それは、とても手間が掛かる仕事の容です。大型商業演劇では、不可能と言われます。

そんなteam在ったら良いっすね~出来たら良いっすね~

、、、、、なんか結局~難しい話になっちまいましたね、、、

なんか普通の文書けなくなってきた、、、!

俺もさわやかな文書きたいっす!

まぁとにかく、星の数ほどある劇団世界に、志と夢だけは大きく出た今の所、、、弱小のカンパニーです。

でも、俺には、自分という子供でワガママな人間を受け入れてくれる大好きな仲間が居る最強カンパニー。

そしてこれまでの自分、これからの自分含め響人を応援してくれる予定の人達も最強です。

今日はそんな感じです。

あ、もうすぐ響人ホームページ立ち上がります。

では、、、

海の男の心
b0164672_2040143.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-07 20:45 | Comments(5)
2009年 04月 04日

Oh life,


どうも。明、暗、2パターンある光夫です。

人生、生きていくの大変ですよねー

高校でバスケやってる時ぐらいまでは、人生楽勝!と思ってました。

四季に入って、何か人生このままじゃ終わらない気する~!?何か悪い事起きそう~

起きました、、、、

まぁ悪い事ではないんですが、この頃から「やべぇーどうしよう?」という事が襲ってきまくる気がしてきました。

その頃は、ツイテない。厄年。シッペ返し。日頃の行いが悪い。生霊、、、こっくりさんの仕業か?と思っていたが、

今考えると、良くも悪くも考えられる人間になってきた。って事の様な気がします。


考える。これも厄介ですよねー

スターウォーズじゃないですけど人間には、ライトサイドとダークサイド、ある気がします。

ダークサイドは果てしない、果てしない、、、自分の感情、妄想、想像力、に呑まれる。

出てこれない、、、そんな感じっす。

生きてりゃ考えても解決しないこと沢山ありますよね~

でも、考えなくても解決しちゃうことも沢山ある。

時には、考えて考えて立ち止まる事もある。

進みたいのに進めない、、、

夢を持ちながら生きるのは、思ったよりキツイ時もある。

やっぱり清く美しい夢を見すぎだからキツく思うんだろうか、、、?

俺はそんな時、ダメな自分見つめて「許す」をしてる。

やっぱ人生realに望めば、もうそこに夢や、楽しさがあるはず。

ライトサイドを活きたい、、、

自分今の所は、アナキン的な所も、、、、

ルークでありたい。

ヨーダに逢いたい、、、、、

そんな感じです。


「散る桜 残る桜も散る桜 所詮 短い命じゃないか 散ってしまえば みなおなじ 風の来ぬ間に 咲けよ咲け」
鶴田浩二

The final桜?                                                  
b0164672_2233250.jpg
[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-04 23:04 | Comments(10)
2009年 04月 01日

Playbook,,,


どうも。雨が嫌いな光夫です。

戯曲、、、台本っすねぇ~

自分は読書が大嫌いでした。

嫌いというか活字を追いながらも、他の事が考えられてしまうんです。

だから内容が入ってこないと言うか、集中できない人でした。

そんな俺も、専門学校で芝居を学ぶようになり、強制的に本を読まなければ、、、憶えなければならない事になり、生まれて初めて戯曲というものを開きました。

面白い!

正直な感想でした。

初めて呼んだのはダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」。

戯曲はいたってシンプルです。

登場人物の感情を、感覚を決め付ける説明は少なく、自分の感覚の中で読める。

言い方変えれば、本がリードしてくれないんです。

自分色に染められる、自分のイマジネーションがリードする感じです。

それからは、戯曲読みまくり、なぜか小説も読めるようになりました。

その頃の夢である、電車で本読む。人を待ってる時に、本で時間をつぶす、、、ナルシストもしてました。

そして四季に入り、その先の文学的、詩的、作者の世界観、にいたるまでの奥深~い世界を見ました。、、、見ただけだが。

ジロドウ、アヌイなどのいわゆる不条理劇は、、、俺バカなんであんまり分かんなかったです。

ストレートプレイ出たかったんですが、敷居が高いというか、俺、質が違う感じで、、難しいっすね~


という事で今はというと、芝居やってます。まぁミュージカルもストレートプレイも俺は一緒だと思うんですが、
今は歌わず、芝居だけにどっぷり漬かってます。

一度に沢山できる人間ではないし、芝居に取り付かれてるし、結構沢山歌ってきたし、

なにより、新しいものを作りたい、日本ではストレートプレイは、何処かマニアックにとらえられ、眠い、長い、暗いと思われ、かと言って、小劇場では、漫才、奇人、ウルサイ、何言ってるか分かんない、ドタバタ、などといわれ、

そんなはずねぇ~え!!!

日本にもすげぇカンパニーあるし、素晴しい戯曲もまだ沢山ある。

四季で学んだ事を胸に、自分のハートを信じ、長い間共に過した戦友たちと一ミリでもいいから、大きく、新しく、楽しく、熱く!瞬間、瞬間、お客さんとの間につながりが存在する芝居がありたい。

、、、という、、、夢、、、果てしない夢に向かってダンクシュート、、、そんな感じっす。


「そこからは世界のすべてが見渡せた。小さい頃は見えていたものが、そこにはちゃんと残っていた。私たちの足元は希望の光で溢れてて、私たちはその上に立っていた。そこはまさに世界の頂上だった、、、」                                                                                                                                         世界の頂き
作  中山 大豪

今の今は、コイツの本にはまってます。なかなか熱いっすよ~

では。         光と桜 @sibuya
b0164672_2339322.jpg
b0164672_23394364.jpg

[PR]

by m-hibiki-5passion | 2009-04-01 23:47 | Comments(2)