芝居の黙示録

actmitsuo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 22日

金魚鉢…

どうも。

熱帯魚屋さんに金魚買いに行って、魚の魅力に首ったけの光夫です。

まもなく、大貴と俺の渾身の響人初、

ミュージカル…?な作品。

初まり初まりです。

俳優陣は、もはやもう高校生〜

でも、俳優はいつまでたっても幼い心の持ち主なので…

割とすんなりです。

今はスタッフさんなどがいらっしゃり細かい詰め作業…

そして今も台本直し…

演出変更…

大貴と俺の脳味噌はまるで、

「海に浮いてる剥いた雲丹…」

のよう…

終わったら一旦脳を取り替え洗浄しますっ!

皆様、年末にさしかかりお忙しいとは思いますが、是非、是非いらして下さい。

色々な意味での、

今後の響人の

「カタチ」

が観れると思います。


Artist Company 響人第10回公演


   『金魚鉢』

作:西川大貴  
演出:吉原光夫

2014年11月29日(土)~12月4日(木)

ワーサルシアター(京王線八幡山駅より徒歩30秒)


【出演】

遠山さやか
中村美貴
Ema
西川大貴/高橋卓爾(Wキャスト)

三戸亜耶
牧野亜美
那俄性哲
吉原光夫

木村青空/伊沢花音(Wキャスト)

【演奏】高木大輔/さとうひろゆき
【音楽】nanoline

【日程】
11月
29(土)
13:00 ☆ 18:00 ●
30(日)
13:00 ⚫︎ 18:00 ☆
12月
1(月)
19:00 ☆
2(火)
14:00 ○ 19:00 ★
3(水)
14:00 ★ 19:00 ○
4(木)
14:00 ●

ダブルキャスト  
☆木村×高橋  ○木村×西川 
★伊沢×高橋  ●伊沢×西川


1つの金魚鉢、1匹の金魚。

金魚鉢には酸素もある。上から餌も降ってくる。誰かが掃除をしてくれたりする。

外には海が広がっている。

だが金魚は金魚鉢から出ない…出たくない…出られない…。

海には無数のサメが泳いでいる。海の水は冷たく、厳しい。嵐、雷、荒れ狂う波。


けれど海には何かが有る。

海は金魚達を惹きつける。


彼らは金魚鉢を割り、海へ向かうのだろうか?

金魚鉢を壊す意味が、あるのだろうか?

「足掻く」意味が…



【料金】
自由席 前売:4500円/当日:5000円(税込)

チケットはご連絡頂ければお取りします!

お問合せ:info@hibikibito.com
公式HP:hibikibito.com

b0164672_20463613.jpg








[PR]

by m-hibiki-5passion | 2014-11-22 20:47 | Comments(0)


<< 響人の西川大貴の「金魚鉢」終…      天国へ… >>